ピロリ菌を学ぼう!

ピロリ菌の除菌と副作用

ピロリ菌の除菌と副作用 抗生物質を服用したケースでのピロリ菌の除菌率も気になるところですが、人によっては副作用があることも薬の服用前に確認しておく事が大事です。
ここでは副作用の中でも多い事例を見ていきましょう。
主な副作用は下痢、腹痛や味覚障害です。
いずれも一時的なもので個人差がありますが長くても3日から4日で治ります。
最も多く見られる副作用は下痢でしょう。
これは抗生物質の使用による腸内細菌の乱れが原因で起こりますが、便が柔らくなる程度なら特に心配する事はありません。
もし下痢が続き、血便が混じった時には必ず医師の診察を受けてください。
ごく稀にアレルギー反応を起こし、発熱、じんましんや逆流動性食道炎になる人もいます。
治療が原因と思われる副作用が辛い場合には、医師に相談しましょう。
また除菌が必ず成功し胃の病気が全快すると期待し過ぎないことも大切です。
ピロリ菌の除菌は有効ですが、胃腸の問題はそれだけが原因ではありません。
それ以外の原因に付いても常に健康診断でチェックしてください。
どんな薬剤でも、副作用が出現する可能性はあり、副作用が全くない薬剤はありません。
ピロリ菌の除菌起こる副作用の発生頻度はかなり低いものであり、恐れるあまりに腸内環境を放置する事の方が悪影響であると言えます。

ピロリ菌検査で陽性の場合除菌治療行う病院がある

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎から胃粘膜の萎縮に進展して、やがて胃がんに移行することに深く関係しているとされるのが、胃の粘膜に生息しているピロリ菌になります。
このピロリ菌は、アンモニアを発生することで、酸が強い胃の中でも生存することができるといわれています。
病院では、内視鏡検査やその他の検査方法で、陽性の検査結果が出た人には、除菌治療を受けることができます。
除菌治療の内容は、抗生物質と胃酸を抑える内服薬を服用して行われるものになります。
病院によっては、内服薬を服用する期間に少し違いがあるようですが、除菌に成功する確率は高くなっています。
内服薬は、1日2回朝と夕に服用して1週間継続して飲みます。
その後4週間以上の期間をあけて検査をすることで、除菌が成功したかどうかを知ることができるものです。
失敗したとしても、再度処方内容を変えて同じように内服薬を服用して、4週間以上の期間をあけて検査をすることが可能な病院があります。
この治療の注意点として、必ず医師から処方された治療薬を、決められた期間継続して飲むことが重要になります。
自身の判断で服用を中止してしまうと、ピロリ菌を取り除くことはできませんので、医師の指示に従いましょう。

健康サプリで体の問題を解決

ピロリ菌を専門で扱う情報やオススメの薬も掲載するサイト

ピロリ菌

たくさんあるプロポリスの中から重要なポイントを押さえて比較

プロポリスの比較サイト